スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | | - | - |

    滋賀が熱い!

    0
      JUGEMテーマ:クライミング
      暑い、ではありません、熱いんです。
      滋賀、と言うと私のイメージは琵琶湖、です。
      でも、実はクライミング天国〜!
      今回四太さんとオールドクライマーさんのご案内で滋賀の岩場にお邪魔してきました。
      大きな規模ではないけれど、いたるところに岩場が点在している感じです。
      近所のジムに行く感覚で外岩に来れちゃうんですね〜。羨ましい環境です。そうして分散しているせいか本当に静かにクライミングに打ち込める。私好みです。

      今回ご案内して頂いたのは3カ所で。一つは初心者から楽しめるような明るくオープンな感じのボルダリングエリア。まずはここからスタートでしょうか。そしてもう一つはロープのルートもある、ちょっと難しそうなエリア。私ここのドラゴンクラック、やってみたいと思いました。下部が被ってるのでサムロックのスタートは指痛そうだし、その後に続くシンハンドは止まるのか?って感じですが、もし出来たら楽しいだろーな。
      色々な貴重なお話をオールドクライマーさんから聞かせて頂きつつ、滋賀の田園風景を楽しみました。麦って今が収穫時期なんですよ、知らなかった。
      一通り周り終え車に戻って来るとドリルを見せて下さいました。
      今回の私の隠れた一大目的。ルート開拓。の、真似事か?私の場合は。
      近頃色々勉強してるので写真では見てたけど、実物触るのは初めて。重いです。おっかなびっくり試させて頂きました。

      一通り終わるとオールドクライマーさんのご出勤時間。きっちり時間で区切りが来るあたり、さすがガイドさんと思いました。ご出勤前の貴重な時間をありがとうございました。

      初めの公園から車で移動後、今度は四太さんのご案内で山の中に。アプローチはそう遠くなく、色々な方のお陰で整いつつあります。
      短いルートが多いですが、スラブからクラックまで課題の幅が広いです。一枚岩ではないので複数のパーティでも静かに登れると思いますが、今回は貸切。いいですねー。
      初めての岩場なので簡単そうなのから登ってみました。まずはアップにモロイヤとソーセージ5.8の2本。
      2本目のはスタートからぐるっと岩を回って、上がスラブ?だけどクラックも使える複合ルート。面白いです。
      そして予定外の3本目。松桐坊主5.10d。パートナーが敗退したの見て急に触ってみたくなった。
      キツイ。
      落ちる事数回、どうにか核心を抜けた、と言うより逃げた。もう違うルートに入っちゃってたと思う。腕パンパンになりながら何とかクイックドローの回収2ルート分出来ました。

      そしてお楽しみのクラックにありつく。
      まずは、はっきりぱっきりの、フィスト、ハンドがよくキマる簡単なクラック、009、5.8?から。ジャムジャム登って行くとクラックの奥の方で何かと目が合った。伸ばしかけた手を思わず引っ込めた。喉元が黄色い親指程の太さの蛇だった。んー、そこ、ジャミングしたいんだけど…
      いくら何でも蛇の居るとこに手は突っ込みたくない。別の場所探してるうちに蛇さんの方も手の届かない奥に入っていってしまった。良かった。後から登るパートナーは蛇嫌いなんだよね。

      次のクラックは岩2段重ねのようなルート。ムササビクラック、5.10a。左側の木からスタートして下の岩をトラバース。上の岩はジャム決めたふりで立ち上がった後、足を下の岩の高い位置に移動するとナックルジャムのキマるところに手が届く。ハイステップのフットジャムで上がった後、安定した所でキャメの黄色を決めた。ホントはキャメ3が欲しいとこだったけど、持って上がらなかったんだ。失敗。慎重に一段狭くなってるとこにセット。まあ、大丈夫だろう。
      けど、その時はそれが最後のプロテクションになるとは思ってなかった。
      その上はスラブで、まあスイスイ登れるものの、あれ?クラックが…
      スラブの上に浅い溝を残すだけとなったクラック。もはやジャミングなんて出来る筈もない。何とか左のフレークにカムをセットしようとしたけど、目くら打ちな上、体の外で腰より下。バランス悪いったらない。安全の為のカムをセットしようとして落ちちゃったら本末転倒もいいとこ。より安全なのは??
      んーこのままランナウトした方が良さそう。と分かってても、怖いじゃないかー。あの最後のキイロ、大丈夫だろうか。いや、そもそもあれをセットしてから大分登った。多分もう落ちれない。
      とにかく何とかしなきゃならないから、足を浅い溝にフットジャム、のフリ。
      手はあるかないかの粒を摘んだ。傾斜は全然ない。どう考えても落ちない筈が、ランナウトってこうも怖いのね。
      そっと上げた足に体重を移動し、また別の足を上げ。そろそろと終了点の真下に立つ。あー、良かった。
      5.10aだけど、怖がりの私には物凄くキターって感じのルートでした。

      そして、そして、いよいよ私の初めてのルート開拓。は、また次回に。
      mooala | 滋賀 | 01:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
      2/2PAGES | << |

      11
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      --
      >>
      <<
      --
      PR
      RECENT COMMENT
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS