スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | | - | - |

    南のあったかクライミング

    0
      JUGEMテーマ:クライミング
      時々イベントにお誘い頂いているOさんに、初めての岩場をご案内して頂きました。

      車を停めた道路から海岸に降り立ちます。すると、目の前にドーンと青い海が広がり、左手にのしかかるような赤っぽい岩。頭上に広がる蒼穹。
      迫力あるロケーションです。
      そしてさすが南の地だけあって暖かい!
      ここ最近寒いクライミングをしてただけに天国のよう。
      ビレイ中でも上着なしで済ませられました。ため息が出る程絵になる感じで気分いいです。

      この岩場は脆い岩質だそうで、事故厳禁なエリア。今回はトップロープでとのアドバイスを頂きました。
      海に近い岩の方にロープ2本を張って下さってたので、私は入り口付近のルーフクラックの終了点に向かいます。

      ルーフクラック課題、5.11a。
      道路から下りてすぐの岩に、船の舳先のような三角のルーフ。その真ん中に走るクラック。見栄えのするルートだ。ぜひとも登りたい!

      このルート、左側から上に回り込めますが、壁際ギリギリまで藪で覆われている為、足を踏み外さないかとちょっと怖いです。
      藪漕ぎと言うより匍匐前進に近い感じ!右も左も小枝だらけでどの辺りかよく分かりません。近くの木に240のスリングで取り敢えずセルフを取って覗き込むと終了点が見えました。セルフをかけかえ、支点構築。ロープを通して…と思ったら、下から相棒が今いるのは目当てのルートの隣だと叫んでる。あちゃー、やり直し。再度藪をかき分け、ハイハイで隣へ。ようやくトップロープを張る事が出来きた。懸垂下降で下り、ロープは取り敢えずそのままにして海側のルートに移動しました。

      その辺のボルダーを適当に触っているとカンテ課題の5.10bが空いたので登ってみる事に。もうちょっと優しいのから登ろうと思ってたんだけど。
      上部の丸いカンテがキツくて、なるべく腕を節約するつもりだったのに、早くもパンプ。ワンテンで登ってしまった。
      その後どっかぶりのフィンガーカチ乗っ越しルートから、レイバックの課題の上部に繋げて。実の所何を登ってるのかよく分からない事になった。
      どっかぶりフィンガーのは自力では上がれてません。トップロープでもムリだった。
      少しおにぎりを齧ったあと、陽が入り口の壁にさして来たので、いよいよメインへ移動!

      岩が脆いとの事だったので、一手一手慎重にテイスティングしながら進みます。ルーフまでのパートはごく簡単。ルーフ直下でクラックを覗き込むと、その中は一段狭くなってたりで、ジャミングがよく効きそうです。大丈夫。とは思ってもこの高さのクラックでルーフは、私初めてです。トップロープなのでテンションしてしまうと復帰が難しい。でも手は良さそうなので、テンションする時にはクラックの中に垂れている鎖にセルフをとる事にしました。
      左、右とハンドジャムで足を壁に押し付けいよいよルーフに旅立つ。仰向けになった体勢が怖くて、パスでセルフを取り3度のテンションでようやくトップアウト。けど、分かってみれば、何とかなりそうな感じだ。
      少し休憩を挟んで2便目。
      ルーフ真下まではテンポよく。
      先にジャミングした所とは違がって、右手をさらに狭いクラックに押し込む。入り口は狭いけど、私の手では奥に入ってしまえば足ブラになっても大丈夫そうな位のバチ効きハンド。左手のハンドを浅い方のクラックに送ってフィスト。足をクラックの中の壁に踏み替え、右手解除…しようとしたら、抜けなくなった!
      えー。もうテンションしようかなと気持ちがジタバタし始めるのをグッと堪えて、向きを戻してからクラックから引っこぬく。そしてフィスト。決まった。左手てっぺんのガバ。右手てっぺんのガバ。両手で引きつけ、右手を1便目で見つけたカンテ沿いのガバにエイヤッ。ちょっと遠いけど、取れればガッチリ。左足をヒールフックで左手を右手の上のガバに。ココっ!体が思いっきり空中に倒れこむ必要があるのでじわっとシビれる所です。左のヒールにしっかり乗り込めば、やったー!てっぺんに立ってゴール。
      トップロープだったけど、これは嬉しかった。
      これ、下のパートは簡単なので落ちないよう慎重に登り、クラックまできたら中の鎖にクリップって作戦なら、リードの可能性が見えてきたと思う。
      登りごたえのある一本でした。

      私って、コレって思うルートを登ってしまうと満足して、もう後はご馳走様な気分になってしまう。
      満たされた気分で他の人達の所に合流。
      最後の一本に卵みたいな岩の下の5.9?とかを登ったんだけど、ワンテン。腕がヨレてるって言うのもあるとは思うけど、一番の理由は集中力がなくなってしまってるよう。オブザベをいい加減にしてはいけないと戒めました。
      もうでもお腹いっぱい。
      陽も傾いて来たので撤収しました。

      とても気持ちのいい岩場だった。
      そして大勢でワイワイってもの初めての経験。楽しかったー!
      今回Oさんには色々とお世話になりました。ありがとうございます。





       
      mooala | その他の岩場 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
      2/4PAGES | << >> |

      07
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      31
      --
      >>
      <<
      --
      PR
      RECENT COMMENT
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS