<< 蔵岩で、3人マルチとフリクションヒッチの練習 | top | ルートクライミング恐怖症、発症中 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | | - | - |

    登れなくなったクライミングレポート

    0
      JUGEMテーマ:クライミング
      瑞浪は雪のちくもりの予報だった。
      けど、前日の晩に曇りに変わってた。
      夜中の2時半に見ると曇りのまま。
      そして行ってしまった。
      名古屋辺りでパラパラと雨。
      でも行く先の空は何となく明るい。
      そのまま車を走らせた。
      朝7時過ぎにいつものコンビニに到着。
      けど、雨は降り続いてた。そして明るいと思った空も誤魔化しようがない位どんよりしてる。例え今止んだとしても、太陽が出てないんじゃ、乾きようがないだろう。ここまで来て残念だけど、このまま止むのを待っても登れる可能性は低い。
      転向先を求めて天気予報をあちこち調べた。どこも曇り。瑞浪も曇り。でも実際には降ってるんじゃ、今日の予報はあてにならない。
      通り道の名古屋あたりはここより降ってたから論外。なので大阪の槇尾山に行き先を変更した。
      大阪は元々晴れの予報だったし、暖かかったと思う。
      昼過ぎ、施福寺の登山者用駐車場に到着。晴れてはないけど、雨は大丈夫そうだった。しかも寒くない。
      ここはカム必要ないのでザックから降ろし、軽くなった荷物を背負って取り付きに向かった。
      上の方で人の声はするけど、登山の人のようで岩場には誰も居なかった。
      今からだとあんまり登れないから急いで用意。
      長時間の運転で体がカチコチ。
      アップに5.9のくのいちを登る事にした。
      これはもう随分前にMOSしてるし、何度かリピートもしてるお得意のルート。だから軽くアップのつもりだった。のに。
      今思えば、何か最初から変な感じだった。
      そして思わぬアクシデント。すっかり動転した私は2ピン目で敗退した。
      5.9が登れなくなった。
      手も足も出ない。
      どうしようもない。

      でもこのままだと私、もうずっと登れないかも知れない。もう帰ると言うパートナーに無理言って登って貰った。その間に気持ちを落ち着けて後で登るつもりだった。いつもより更に丁寧にビレイする。でもパートナーもやけに時間かかって。そうしてる間に辺りは急にどんよりしだした。
      空気が変わった。風が冷たくなって、雲の色がグレー。そして遠くの山が霞んで見えなくなった。雨降りそうだ。
      もう私が登る時間はなさそう。
      自分の気持ちを見ないふりしたけど、内心ほんの少しホッとしてしまった。
      急いで回収して下山。車に乗って出発する頃には雨粒がパラパラしだした。
      ギリギリセーフ。

      結局あちこち走り回って1本も登れなかった。
      登れなかったと言うより、登れなくなった。
      どうにかしなきゃ。
      mooala | 槇尾山 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク | - | 12:45 | - | - |
        Comment









        Trackback
        URL:

        10
        --
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
        10
        11
        12
        13
        14
        15
        16
        17
        18
        19
        20
        21
        22
        23
        24
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        31
        --
        >>
        <<
        --
        PR
        RECENT COMMENT
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS