<< はじめて〜の…、親知らず抜歯! | top | グラビティリサーチ神戸店へ行ってきた >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | | - | - |

    成果ってないけど、なんか充実

    0

      JUGEMテーマ:クライミング

      相棒の肘がまだ治らないので、遠慮してサニーサイドって言ったら贅沢過ぎだよなー。ビレイの為だけにきてくれる相棒に陰ながら感謝。(いや、陰ながらじゃなくてちゃんと感謝せねば)

       

      ちょっとゆっくり目の出発が定番になりつつある。私も親知らずを抜いてからなーんか調子がイマイチ。

      でも、来週は外に登りに行けないから、今週逃したらきっと後悔するに決まってる。なので、ゆっくり目でも出発した。

       

      最近の香落渓は、紅葉目当ての観光の人が多くなって、道路脇にちょこっと車を停めて下りてたりするから気をつけないといけない。交通量も心なしか増えたような。

       

      川の水は若干少なめになってたけど、前に渡ってた所はやっぱり腰上なので、下流の浅瀬で渡渉。渡ってからの岩トラバースも慣れてきたもんだ。

       

      本日のサニーサイドは、私達以外にもう一組のガラ空き状態。紅葉は始まったばかりって感じ。

       

      まず本日の一本目に、前回登った「もいち」を登った。朝一はちょっと力んでしまって、ワンテン。けど、先週漸くRPしたばっかりのルートだから、こんなもんでしょ。私にしてはよくやった、よくやった。

       

      もいちは中々の好ルートだと思うんだ。色んなサイズがあって、けど、めちゃくちゃ体力消耗するんじゃないから、サニーサイド来たら、まずはなるべくこれを登って鍛えようと思った。

       

      お昼ご飯挟んで、「ももない」5.10aを登る。オリジナルの方。

      これは下部がもいちと同じで、途中からトラバースしてももないに入る。

      トラバース後の、ももない部分は下から見た感じ、結構広いクラックだと思った。なので、ももない上部用に、キャメ3を2本と、4を2本と、どこかに使えるかもと0.75を一本持って行った。だけど…

       

      もいちの部分はなんの問題もない。

      トラバースして、ももないに入る。

      コーナーを回って、奥のクラックを覗くと細いクラックが走っていた。

      えっ!

      こんなサイズ持ってきてない!

       

      コーナー曲がる所はテラスになってて、この上にもう一段乗っかってる感じ。

      曲がってすぐに一本プロテクション欲しかったけど、サイズ合うのがないので、その上広がってる所に、立ち上がってから0.75で取った。

      ちょっと一息。

      見上げると、下からでは分からなかったクラックの全容が見渡せる。

      下から見たときのワイドクラックと思った中に、ハンドフィストサイズのクラックが走ってる。登るのはこれなんだろうけど、合うカムがない。

      もいちのパートまで戻れば、キャメ黄色と赤を使ってるので、慎重にクライムダウン。この辺りが簡単なパートで助かった。無事回収し、また登り直して先程のテラスに立つ。

      クラックを行ったり来たりしてると、川の向こうの道路から見てる人に気がついた。何やってんだ、なんて思って見てるのかと考えると、ちょっとバツが悪い。

      「いや、カムがね、ちょっと足りなくて」と心の中で釈明。

       

      ここからは未知の世界。

      0.75は回収して、キャメ赤、黄色と登っていく。私って、未知のルートはプロテクションの間隔を狭く取りすぎる。(怖がりだからね) 悪いクセだ。そのせいで余計に消耗してしまうんだな。最後の方はロープが激重で、とうとうワンテンしてしまった。

      むむ、頑張ったのに。

      一息入れて回復した腕で登ってみれば、後はスルスルと登れた。

      力みを取る練習が必要だ。

       

      このももないを登るのにかなりの時間をかけてしまったから、RP狙いの次の便は出す時間がない。ももないをトップロープにして「ももないdirect」を触ってみるたらと相棒からの提案に乗った。

       

      ももないdirect5.11c

      このグレードを触るのは初めてだ。

      もいちの一つ左からのスタート。

       

      細いクラックのあっちとこっちでスタートしようと、エイっと一気に体を上げたら、左手のフィンガーが残って激痛!

      指折れるかと思った。

       

      用心しつつ再出発。

      足はフットホールドを活用しつつ、細いクラックに浅いジャミングでどうにかこうにか登っていく。まあ、トップロープだから出来ること。でも比較的スムーズだ。

      右の壁の角度が変わる所でレイバック。上手くその上に上がれずに二度落ちる。

      相棒から、そろそろ時間の声。

      「あと一回だけ」

      行けそうなムーブを思いついたんだ。どうしても試してみたい。

      相棒は、いいよとアッサリ承諾してくる。さては私には登れないと思っているな。ちょっとムキになる。

       

      レイバックの段階でもう一段足を進めておく。

      さっきより上のクラックに手が届いた。やった。

      とは言っても、この細いクラック、そんなに持ち心地は良くない。けど、これ以上のがないのだ。指の腹5ミリ程のかかりを頼りにどうにか体を上げた。

      こんなのリードの時には出来る気がしない。

      この上、暫くはなんとか進められる。いや、結構必死だったかな。コーナークライミング。あんまり慣れてはないけど、どうにかなった。そしてその上、恐らくこのルートの核心に差し掛かる。けど。

      何にもないー!?

      まず落ちた。頭を捻ってもいいムーブが出てこない。また落ちた。

      下から「あと一回だけな」って、声がかかる。

      しょうがない。奮闘したけど、結局そこを抜けられなかった。

      もうちょっと粘りたかった。でも、時間切れ。この日はこれでおしまい。

       

      これがクラックの5.11cなのか。

      迫力と言うか、破壊力と言うか、とにかく今は圧倒されるしかなかった。

       

      すぐに登れるとは思えないけど。

      いつかは登れるようになりたい。

      また今度挑戦しよう。良い経験になった。

       



      紅葉が美し


      ほれぼれするような秋のもいち


      手強いももないdirect

       

      mooala | 名張 | 21:52 | comments(2) | trackbacks(0) |

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク | - | 21:52 | - | - |
        Comment
        御無沙汰しております。

        がむばっておられますね。

        充実したクライミングを!

        posted by K原 ,2016/11/18 8:07 AM

        お久しぶりです、k原さん!
        と言っても、k原さんのブログ、毎度拝見してますので、あんまりお久しぶりな気がしませんが。
        文章とか目線とか好きで楽しみにしてます。

        御在所、今シーズンは行けなかったなぁ。
        手付かずなルートがいっぱいなので、また登りに行きたいです。

        posted by mooala ,2016/11/18 12:30 PM










        Trackback
        URL:

        08
        --
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
        10
        11
        12
        13
        14
        15
        16
        17
        18
        19
        20
        21
        22
        23
        24
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        31
        --
        >>
        <<
        --
        PR
        RECENT COMMENT
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS