<< 爽やかな初秋の名張サニーサイド | top | RPするぞーと行った「もいち」が全くダメダメだった >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク | - | | - | - |

    クライマー、空を飛ぶ第2弾

    0

      JUGEMテーマ:クライミング

      前回風が強すぎて100mから飛べなかったので、リベンジに行って来た。

      何が何でも上から飛びたいから、風のいい日を選びたい。

      クライミングで天気予報とにらめっこはいつもの事だけど、パラグライダーになると天候に加えて風の強さと方向が大事になってくる。

      日曜に予定してたのだけど、週間天気予報では、どうも風が相当強いようで諦めていた。けど、前日になって土曜は穏やか、日曜は大荒れの予報に変わってる。よし、明日行こう!と早速他の二人に連絡。バタバタと決行した。まあ、私っていつもこう。

       

      メンバーは前回と同じ、まるさん(って近所のボルダリングジムの人)と相棒と私の三人。

      ところが、その日の朝になって、相棒の肘が悪化。手を上げると痛むそうなので、残念ながらカメラマンに徹する事になった。悪いねー。

       

      現地は曇りで、午前中は風がほとんどない。なければないで、良くないんだけど。パラグライダーって、本当に風に対してデリケート。顔を向けると両頬に軽く風が当たる位が丁度良さそうなんだけど、午前中は顔に風を感じない事が多く、風待ちの時間が長くなった。風が弱いと精一杯走んないと飛べない

      相棒が動画を撮ってくれてるので、まるさんと交互に、空中での姿勢をチェック。バランスよくってのがなかなか難しい。練習と風待ちで、午前中は終わった。

       

      お昼の休憩。ここは車をすぐ隣に停められるので、材料持ち込んで鍋焼きうどんを作った。そこまで寒くはなかったけど、熱々を食べるのはやっぱり美味しく感じる。お鍋の美味しい季節になりました。

       

      午後から何本か飛んだ後、いよいよ100mのてっぺんから。

      私達はリフトで移動。グライダーは軽トラの荷台に積み込まれて別の道から。

      下から見ると緩やかな斜面に見えたけど、山頂に立つと全然印象が違った。数メーター先で角度が急になっていて、その先が見えない。

      午後からいい風が正面から吹いているので、この角度の変わる所までに飛び立てる筈という事だった。

      ワクワクしてくる。

      念のためそこまで行って確認してみた。急な斜面になってはいるけど、まだ走れる余地は残っている。その数メートル先は腰丈の藪になっているので、それまでに飛び立たないと藪に突っ込む。

       

      私はまるさんの後の2番手だった。

      ヘルメットに付けられた無線のスイッチを入れて貰うと、すぐに耳元で下からの指示の声が聞こえてきた。んー、いよいよ。

       

      100mって言ったら、マルチの途中の景色と同じだ。馴染みのある高さ。それに急な斜面と言っても、立っていられる角度だもん、怖いとは思わなかった。マルチの時、このまま飛んで行けそうって感覚が、今回は本当にそうなるのかと思うと楽しい。これは絶対夢か何かで見た事あるゾ。初めての気がしない。

       

      定位置についてスタッフの方に準備をして貰う。私は両手ガッツポーズで徒競走のスタートのような格好でジッと待った。

      飛び立つときはいつも唐突。準備を済ませて、走り出す形のまま待機してると、いきなり「はい、いくよ」とスタートする。私の心の準備より、風の方が優先。

      考える間も無くタタタッと走り出すとすぐに足が空を切る。スタッフさんから、「走って!走って!」と声がかかるけど、私の足は既に宙を浮いている。どうしよー。せめてもの誠意の印に、殆ど付かない足を空回りさせた。一応走る努力はしたんだよー。

      角度の変わる所から先は、完全に空を飛んでる景色。足元の空間がドンドン広がっていく。下を見ちゃいけないから、目の隅でその広がる空間を感じた。そして無線の指示に耳を澄ます。空中散歩をノンビリ楽しんでいる暇はないんだ。右手肩だの、両手上だの、左手胸だの、指示通りこなさなきゃならない。足が前に出そうになるのも体幹で堪える。ノンビリフワフワ飛んでるだけのようでも、実は結構忙しく、私にはあんまり余裕はなかった。

       

      ターンして着陸態勢に入る。まだ高い。ここから着陸なの?と思ったけれど、指示通り両手下の位置、ブレークコードをいっぱいまで引くとブレーキがかかり、フワッと地面に着地。と同時にそのままスタタッと走り、ちょっとバック。無事地上に戻って来た。あー気持ち良かった。

       

      この後もう一本飛べた。リフト乗って、山頂からフワリで、終了時間。

      終わって見ればあっという間だったけど、物凄く充実感がある。

      楽しかった!

       


       

      mooala | その他 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク | - | 12:46 | - | - |
        Comment









        Trackback
        URL:

        08
        --
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
        10
        11
        12
        13
        14
        15
        16
        17
        18
        19
        20
        21
        22
        23
        24
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        31
        --
        >>
        <<
        --
        PR
        RECENT COMMENT
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS