<< 大荒れ予報なので、PUMP大阪行ってみよー! | top | 世界最小カムゲット!そして間違いなく最弱。 >>

避寒のクラックボルダー

0
    JUGEMテーマ:クライミング
    南の海岸沿いにクラックボルダーを見つけたとOさんからお誘いがあった。暖かい土地でのクラックとなると、魅力が10倍増し。送って貰った写真のクラックはとても細く、私の手に負えそうではなかったけれど、数手でも登ってみたいと考えた。

    当日はよく確認せずに、いつもの自分のボルダリングスタイルで出かけてしまう。
    ただこの前日に激しい雨が降り、ひょっとしてこのクラックは登れないかも知れないと思った。そうなると転進した先で必要になるかも知れないと、念の為にハーネスと確保器をザックに入れる。これが後でギリギリセーフのファインプレーになるとは知らずに。
    私のボルダリングの格好。つまり、ザックを後ろ前にしてボルダリングのマットを背負うのがいつものスタイル。私のは三つ折りマットなので結構デカイのです。そこにブラシなどを挟みこんであるのだけど。待ち合わせ場所でその私の大荷物な格好を見たOさんは、ちょっと困ったようにマットは要らないと言う。自宅近くだったので私はマットを置いて出かけた。この時点であれ?と思えば良かったんだけど。

    現地に到着し、さて、となった所でびっくり。高さもあるしその他諸々の事情でトップロープで登るのだと判明!
    慌てた。ロープやスリング、カラビナ等の装備をなーんにも持ってきてない。だってボルダリングのつもりだったんだもん。辛うじてハーネスと確保器だけはザックに入れてたのでギリギリセーフ。あぁー良かった。
    これからはちゃんと確認しようと冷や汗をかいた。こういう所、私は人と登りに行くのに慣れてないなぁと思う。

    さて、岩場は昨日の雨にもかかわらず、登るのに支障なさそう。海沿いのクライミングは何時でも気持ちがいいリゾート気分だ。

    例の細いクラックはいくつもの石を超えた先にあった。想像してたのよりずっと高い。写真は一番下から写ってた訳じゃなかったんだ。一番下はピタピタと水が流れ一帯は水浸し。これはマットひけないや。
    向かいの石の上に荷物を広げ、早速準備。
    Oさんが支点を作りに行くのに、私も後からついて行った。てっぺんのクラックを掘り出す所から。草や小枝の掃除。ここでも、いつものブラシがあればもっとお手伝い出来るのにと後悔する。掃除したクラックにカムで支点を作り、二人で交互に登った。クラックは見事に指を受け付けない。でも考えてたムーブがピタリと私に合い、3便目で何とかムーブ解決。
    左手小さな水平クラックにカチ持ち。右手は草の横のクラックに持ったフリ。デッド気味に右手でクラックをガストン。持ちやすい上の部分じゃなくその下で堪えるのがポイント。左手クラックの持ちやすい所。と言っても関節は入らないのでレイバック。左手足をスタートの下にヒール。そのままレイバックで手を送り、左足で完全に立てば左手壁のシワに届く。胸辺りの高さなので持ちにくい。体勢整え右手クラックにガストン。左手クラックごとのワイドピンチ。これはOさんにアドバイス頂いた。ピンチ持ちの苦手な私は考え付かなかった所。右足をクラックの少し広がった所にあげ、ググッと力を溜め、エイヤッと立ち上がる。左手ガバを掴めば一安心。このガバは私の背では足を上げないと届かないんだ。その上はハンドジャムが効くので簡単。楽しくジャムジャム登った。
    とっても面白い課題だった。しかし痛かったなぁ、これ。
    細いとは言えクラックがあるので、カムを使えばリード出来るんじゃないかと思う。ただかなり怖いとは思うけど。ボルダリングとして登るなら…。落ちて後ろに倒れると背後の壁に思い切り後頭部をぶつけるだろうな、多分。スポッターが後ろに立つスペースが少ないので、下手するとスポッターの上に落ちる可能性もあるかも知れない。事故厳禁なエリアなので、やっぱりするならロープかなぁ?

    ロープを移動して右隣も登ってみる。こちらも力一杯のギリギリムーブで何とか上まで行く。この時点で私の乏しい体力も集中力も底をついてきた。
    もう一本、左隣のは、取り付く前からこれは私のじゃないなんて気分。ちょっと触って難しいのだけ確認して終わった。
    さー後は楽しくノンビリ登りましょうって感じになり、場所を移動。
    石を下りると地元のボルダラーさん達が沢山いらっしゃいました。その内のお一人とちょっと話し込み、私達その隣に移動。簡単な課題らしいんだけど、スイッチの切れた私にはとても難しかった。
    2課題登って本日はお終い。
    とても楽しいクライミングだった。


    mooala | その他の岩場 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク | - | 13:02 | - | - |
      Comment









      Trackback
      URL:

      05
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      31
      --
      >>
      <<
      --
      PR
      RECENT COMMENT
      MOBILE
      qrcode
      OTHERS