砦岩の、実りの秋

0
    JUGEMテーマ:クライミング
    すっかり秋らしくなった。私の住んでいる所でもそうなんだから、御在所はアッと言う間に冬になってしまうだろう。そう思うと気がせくのだけれど、天気のせいで二週あいてしまった。
    そしてようやく砦岩。藤内小屋は沢山のクライマーらしき荷物の人でごった返していた。けれど、砦岩は私達の他には2組だけの贅沢さ。

    色々宿題の溜まってる私、まずは上昇気流に乗って5.10bに取り付いた。相棒はアップにこれ?と笑っていたが、いつでも私は本気トライ一直線ですから。

    前回これの上部でルートを迷ってとんでもない所から登ってしまったから、再度の挑戦。その部分にボルトも1つ増やして下さってる。これは絶対RPしたい。
    まずは安定して登れた下の部分。ちょっと登ってあれ?っと思った。あんなにスンナリ行ったのに、今回は何が違うのかとってもキツイ。落ちる事2回。RPしたいからその度に下まで降りて一からやり直し。どうも前とは違うと感じながら3度目に何とか前回のムーブを思い出した。その頃には、最近ルーフ課題で傷めた左上腕に、また痛みがぶり返しだしたけど。慎重に上部分岐の所まで来た。ここから右のクラック沿いが5.10b、左のカンテ沿いが5.10c。
    私はクラック沿い狙い。少しトラバースしてクラックの下まで移動した。だけどこのクラック、浅い!ジャミング出来るところまで手が届かない。あーでもないこーでもないと上がり方を試した。アチコチ触ってる内にワイドピンチで持てる場所発見。ピンチ、苦手なんだけど、もうこれしかない。覚悟決めてどうにかこうにか体を持ち上げた。そして辛うじてジャムの決まる場所に手を伸ばす。浅いクラックを騙し騙しジャミングするけど、その先はない。持てそうなホールドを見つけあぐねそこでも大分粘った。ちょうどその時、隣を登り終え降りてきたytさんに私の位置からは見えないガバを教えて貰った。良かった!ありがとうございます。あると分かれば取り敢えず見えないけど、エイヤっと体を離して手を出した。探ったらあった!もう安心、にはならなかった。ガバとっても結構キツイ乗り上がり。どうにかしたい一心で諦めそうになるのを堪えた。なりふり構わないムーブだったと思う。正直覚えてない。でもどうにか上がれてホッとした。あー、良かった。漸くRP出来た。あの最後の1ピンは効いてる。これが無かったらあのムーブは起こせてなかったかも知れないな。
    でも凄く嬉しかった。

    早めのお昼を挟んで、次は砦クラック5.10a。
    これは前回リードしかけて、どうしても自分のカムを信用出来なくてトップロープで登ってしまった課題。これも絶対RPしたい1本だ。
    絶対登れる筈。この前の錫杖岳で大分自信をつけた。筈なんだけど。また臆病な私が顔を出そうとしてる。とにかく要りそうなカムをラッキング。あれも、これもと足して行くとマルチにでも行くのかって言う数になった。重い。まあ、足りないよりマシだ。
    結局十数本のカムを下げていく事にした。
    上がってすぐに気休めの1本。少し登るとシンハンドからフィンガーのクラックが続く。持ってると重いので遠慮なくカムを突っ込む。怖いと言う気持ちを抜かせばムーブ自体はそんなに特殊なところはない。ワイドの手前でキャメ3、ワイドの下の方でキャメ4をキメる。これで安心。結構奮闘的なムーブをこなし、ワイドパートを抜ける。ここまで来たらもう安心。抜けてすぐにキャメ黄色を突っ込んで後は終了点を目指す。良かったRP、宿題がまた一つ減った。

    その後、今日は雨ニモマケズをする予定だったんだけど、インデアンサマー5.10cを見に行ったら結構面白そうな課題。予定変更で、こちらをする事にした。

    楽しそう、と思ったんだけど、取り付いていきなりテンションしまくる。1ピン目の上がコーナーに走る細い細いフィンガークラックで、何とか持てる場所が2箇所。第一関節だけのレイバックで右足を一段あげる。キツイ!その上も中指の第一関節しか入らないので、中指とコーナーに手の甲をあて究極にオフセットしたハンドジャムみたいにしてハイステップ。じりじり上げていった。フレークを目指し左上したクラックに。これが凄くバランス悪い。クラックに沿って左に登ると、んー絶対こっちじゃないなと思ったけど、もう戻れない。岩の裏側を登ってしまった。チムニー登り。上に抜けて下を見るとハンガーがあった。通りすぎてしまってる。取り敢えずクリップして先を見る。上に岩が乗っかってるのでその先のルートが分からない。恐々覗いてみると、その乗っかった岩の上にハンガーがあった。この高さでこの岩を乗り上がるのはかなり怖い。手探りで持てる場所を探しそっと立ち上がる。立ち上がった右手にクラックが走ってる。あー、これを使って上がれそう。クリップしてるとは言え、そのクラックをレイバックするには体を外に出さないといけない。ムーブは易しくても勇気が必要だった。でもそれだけに出来ると爽快。出だしからガマンガマンのムーブだったから何だかご褒美のようなパートだった。テンション山盛りな上にルートも間違ってるけど、でもとても楽しいルートでした。まあ、これは裏インデアンサマーって事で、今度またちゃんとしたインデアンサマー登ります。

    どれも時間かけて登ってしまったので、今回はこの3本。
    でもとても充実した1日でした。
    mooala | 御在所 | 02:14 | comments(6) | trackbacks(0) |
    1/7PAGES | >> |

    05
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --
    PR
    RECENT COMMENT
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS